「健康保険適応の矯正治療ができる施設」について

    矯正治療を保険適用で行うには、その治療を行う医院が下記の認定を受けている必要があります。

    次の条件を満たす、自立支援医療(更生・育成医療)指定機関として認定を受けていること。
    • 更生育成医療を行うために必要な設備および体制を有している(セファログラムの所有)
    • それぞれの医療の種類における専門科目について、適切な医療機関における研究従事年数が(歯科では)5年以上であること。
    • 研究態様と口蓋裂の歯科矯正の臨床内容と関連が認められる。
    • 矯正歯科を標榜している。※標榜:診療科目としてあげていること
    • 関係学会(日本矯正歯科学会および日本口蓋裂学会に加入していること)

     

    次の条件を満たす、顎口腔機能診断施設として認定を受けていること
    • 指定自立支援医療機関(育成・更生医療)であること
    • 下顎運動検査、歯科矯正セファログラムおよび咀嚼筋筋電図検査が行える機器を備えていること
    • 専任の常勤歯科医師及び専従する常勤看護婦又は歯科衛生士がそれぞれ1名以上勤務していること
    • 外科手術を担当する医療機関と矯正治療を担当する医療機関との連携がとれていること

     

    「健康保険の適応となる特定の疾患」について

    下記の疾患に該当する場合は、保険を適用しての矯正治療が可能です。症状にお心当たりのある患者さんは、ぜひ一度当院までご相談ください。

    →横川矯正歯科で行う外科矯正治療

    1. 顎骨の外科的手術が必要な顎変形症を伴う噛み合わせの異常
    2. 口唇裂・口蓋裂(こうしんれつ・こうがいれつ)
    3. ゴールデンハー(Goldenhar)症候群(鰓弓異常症を含む)
    4. 鎖骨・頭蓋骨異形成
    5. クルーゾン(Crouzon)症候群
    6. トリチャーコリンズ(Treacher-Collins)症候群
    7. ピエールロバン(PierreRobin)症候群
    8. ダウン(Down)症候群
    9. ラッセルシルバー(Russell-Silver)症候群
    10. ターナー(Turner)症候群
    11. ベックウィズ・ヴィードマン(Beckwith-Wiedemann)症候群
    12. 尖頭合指症
    13. ロンベルグ(Romberg)症候群
    14. 先天性ミオパチー
    15. 顔面半側肥大症
    16. エリス・ヴァン・クレベルド(Ellis-vanCreveld)症候群
    17. 軟骨形成不全症
    18. 外胚葉異形成症
    19. 神経線維腫症
    20. 基底細胞母斑症候群
    21. ヌーナン(Noonan)症候群
    22. マルファン(Marfan)症候群
    23. プラダーウィリー(Prader-Willi)症候群
    24. 顔面裂
    25. 筋ジストロフィー
    26. 大理石骨病
    27. 色素失調症
    28. 口顔指症候群
    29. メービウス症候群
    30. カブキ症候群
    31. クリッペル・トレノーネイ・ウェーバー症候群
    32. ウィリアムズ症候群
    33. ビンダー症候群
    34. スティックラー症候群
    35. 小舌症
    36. 頭蓋骨癒合症
    37. 骨形成不全症
    38. 口笛顔貌症候群
    39. ルビンスタイン・ティビ症候群
    40. 染色体欠失症候群
    41. ラーセン症候群
    42. 濃化異骨症
    43. 6歯異常の非症候性部分性無歯症

TOP