先天性欠如、叢生

   

患者さまの情報

管理番号 126
ご住所
年代、性別
症状 ・叢生・先天性欠如(下顎両側側切歯2本)・上顎正中の左側への大きな偏位
治療方法 唇側矯正
特記事項 抜歯治療、永久歯列期矯正治療

ドクターからのコメント

上顎左側犬歯が八重歯のため、上顎正中が大きく左側へずれています。また、下顎両側側切歯が先天性欠如しているため、上顎両側第1小臼歯を抜歯して治療しました。
また、舌癖が認められたため矯正治療と並行して舌癖改善のトレーニングを行ってもらいました。
下顎両側側切歯が先天性欠如しているため、上下の異なる種類の歯が咬み合うことになりましたが、上下の正中が一致し、良好な結果を得ることができました。
舌癖、態癖に注意してね!

治療経過

初診時の状態です。

初診時(左) 初診時(正面) 初診時(右)
初診時上顎 初診時下顎
横顔 レントゲン レントゲン(横) レントゲン(全体)

 

 

治療経過1

治療経過(左) 治療経過(正面) 治療経過(右)
上顎 下顎

 

 

治療経過2

治療経過(左) 治療経過(正面) 治療経過(右)
上顎 下顎

 

 

治療経過3

治療経過(左) 治療経過(正面) 治療経過(右)
上顎 下顎

 

 

治療経過4

治療経過(左) 治療経過(正面) 治療経過(右)
上顎 下顎

 

 

治療後

初診時(左) 初診時(正面) 初診時(右)
初診時上顎 初診時下顎
横顔 レントゲン レントゲン(横) レントゲン(全体)

 

治療前後まとめ

治療前

初診時(左) 初診時(正面) 初診時(右)
初診時上顎 初診時下顎
横顔 レントゲン レントゲン(横) レントゲン(全体)

 

 

治療後

初診時(左) 初診時(正面) 初診時(右)
初診時上顎 初診時下顎
横顔 レントゲン レントゲン(横) レントゲン(全体)

 


症例を検索する
年齢
症状
その他検索

横川矯正歯科

〒315-0014 茨城県石岡市国府4丁目5-4
常磐線石岡駅下車徒歩3分
https://yokokawa-ortho.com/


TOP